トルコインフォメーション

トルコ旅行をより快適により楽しくするために、ご参考にしていただければ幸いです。

トルコの気候

トルコは地域によって気候が違います。イスタンブールは東京と同じくらいの気候です。
首都アンカラやアナトリア高原などの内陸部では、年間を通じて雨が少なく乾燥していますが、冬には雪が積もります。セーターやコート等の防寒着をお忘れなく。一方、エーゲ海地中海沿岸は比較的温暖な地中海性気候です。
詳しくは天気予報をご覧ください。

写真撮影について

各地の博物館では貴重な遺品や遺跡保護の為フラッシュは使用できません。高感度フィルムをご持参下さい。地方都市で人物、特に女性を撮影する場合は、必ず事前に了承を得てください。
なお、一部では撮影が許可されている遺跡、博物館では、カメラ、ビデオの持ち込み料が必要となる場合がございます。

通貨と両替

トルコはトルコリラです。現地で両替をしてください。携行外貨は米ドル、ユーロの現金が便利です。
主要都市のホテル、両替商ではトラベラーズチェック、日本円の両替も可能です。
トラベラーズチェックを両替の際は、手数料が割高です。地方都市では、トラベラーズチェック、日本円は両替が出来ません。
なるべく、小額紙幣をご用意されると、便利です。高額紙幣ですと、両替に時間が掛かかったり、渡した金額より、少なく両替されるということもありますので、ご注意下さい。
高額なお買い物にはクレジットカードが便利です。その際は0の数が正しいか必ずご確認をお願い致します。

服装

夏のトルコは全体的に日差しが強いです。眼の弱い方はサングラスが必要です。
女性のかたなら、日焼け止めは必需品です。
日本より空気が乾燥していますので、リップクリーム、のど飴などお持ちになられることをお薦めいたします。
稀に日傘をご持参される方もいらっしゃいますが、移動の多いトルコでは日傘はかえって荷物になると思います。
女性は大判のスカーフをご持参されると、砂埃よけや、モスクへ入る時に役立ちます。
靴は、履きなれたスニーカーなど、かかとの低い物をお薦めします。
日中は暑くても朝晩は冷え込む時があります。セーターやジャケットなど重ね着できるものをご用意下さい。
冬は、イスタンブール周辺、エーゲ海、地中海周辺、黒海周辺は雨が多くなります。
急な雨にぬれても大丈夫な防水加工のあるコートやジャケット着用をおすすめします。
また、帽子は防寒にもなりますので、こちらもおすすめします。

トルコのお手洗いについて

トルコの公衆トイレは有料です。小銭があると便利です。しかし、トイレにはトイレットペーパー備え付けの公衆トイレは少ないので、ポケットティッシュなどお持ちになられることをお薦めします。
小さな大衆食堂(トルコではロカンタと呼ばれています)にはお手洗いが無い場合がございます。
また、水道が壊れていたりすることもありますので、ウェットティッシュをお持ちになられると便利でしょう。

お食事・お飲み物について

トルコは世界3大料理の名にふさわしく、どれも日本人の口に合うものが多いです。
しかし、油が大量に使われていますので、食べすぎにはご注意下さい。
胃腸の弱い方は特にお気をつけ下さい。
またサラダなどの生野菜は、生野菜を洗う水が日本と違いますので、こちらも食べすぎにはご注意下さい。
夏場の魚料理は新鮮ではありません。肉料理をお薦めします。
生水、水道水は石灰石が多く、飲めません。ミネラルウォーターをお買い求め下さい。
観光中、脱水症状にならないためにも、ミネラルウォーターは常にお持ち下さい。
イスラム教徒の国ですが、ホテルや、観光都市などではアルコールもお楽しみいただけます。
断食期間は主要観光都市や都会ではレストランも営業しています。旅行者には断食は義務付けられていません。しかし、地方では日中休むレストランが多いです。ご注意下さい。

交通事情

大きな都市では車の数も多く、運転も荒く、信号無視する車も多いです。
大きな道路を横断される場合や、車を運転される時などは十分ご注意下さい。
冬のトルコ(特にイスタンブールやアナトリア高原の各地)では、濃霧や積雪などの天候不良により、空港や道路などの交通事情が悪くなり、やむを得ず予定の日程や宿泊地が変更となる場合がございます。

レンタルスクーターについて

カッパドキアで、スクーターを借りて個人で観光される場合、レンタルスクーター会社との事前交渉はしっかりと納得の行くまで交渉してください。
また、スクーターやバイクには保険が掛けられていません。スクーターを誤って破損してしまった場合、海外旅行傷害保険は適用されません。全て実費となります。ご注意下さい。
レンタルスクーターやバイクを借りられる時は、レンタルスクーター会社の従業員と一緒に、ブレーキの欠陥がないか、塗装が禿げていないかなど必ずご確認下さい。
周りの車はかなりのスピードで往来していますので、運転の際は十分お気をつけ下さい。
路肩に寄り過ぎると、砂利や道の凹みなどに車輪が取られ転倒することがあります。
路肩は殆ど整備されていませんので、路肩によるときは十分にご注意下さい。

旅行先でのマナーについて

トルコは政教分離しているとはいえ、イスラム教徒が多い国です。肌が露出した服装は男女とも好まれません。
ノースリーブやショートパンツ、タンクトップではモスクには入れませんのでご注意下さい。また、礼拝時の見学は出来ません。

祝祭日などによる観光事情について

トルコでは日曜日にはデパート、商店が閉店となり、祝祭日にはあわせて博物館なども閉館となります。(ハイシーズンを除く)ラマダン(断食月)の期間は、イスラム暦により決定されますので、間際にならないと判らないのが通例となっております。

トルコの祝日

新年 1月1日
クルバンバイラム (犠牲祭: 年によって変動します。)
独立記念日と子供の日 4月23日
アタテュルク記念日、青少年とスポーツの日 5月19日
勝利の日 8月30日
共和国の日 10月29日
シェケルバイラム (砂糖祭: 年によって変動します。)

旅行の持ち物について

日焼け止め、帽子、サングラス
ウェットティッシュ、ティッシュペーパー
目薬、リップクリーム、のど飴やうがい薬(乾燥・砂埃対策に)
フィルム、ビデオテープ、電池、メモリーカード(現地でも購入できますが、日本からご持参された方が安くつくのが現状です)
常備薬(暑さや疲労による体調変化に備えて)
水着(プール以外にハマム=トルコ風呂に入るときにも便利です)

SAKURA WEB SITE

English Site
Hotel Site

SAKURA TOUR

Top Page
Sakura Tour

トルコについて

トルコ共和国概要
トルコの地図
地域情報
トルコの天気予報
トルコ各地の写真集

インフォメーション

旅立つ前に

パッケージツアー

4日間ツアー

エフェスとパムッカレ

5日間ツアー

カッパドキアハイライト
クラシカルトルコ
エフェスとパムッカレ

6日間ツアー

神秘の国トルコ
未知の国トルコ
トルコの休日

8日間ツアー

エキサイティングトルコ
トルコハイライト
トルコ西部とカッパドキア

9日間ツアー

エキゾチックトルコ

期間限定ツアー
4月〜9月

朝日に浮かぶネムルト
カッパドキアとネムルト

カッパドキアバルーン

カッパドキアバルーン

カッパドキアを楽しむ

乗馬体験 半日
ターキッシュ・ナイトショー
ローズバレー・サンセット

カッパドキア発ツアー

ネムルトツアー

日帰りツアー

イスタンブール終日
イスタンブール半日
カッパドキア
カッパドキアプライベート
カッパドキアスペシャル
パムッカレ
エフェス
チャナッカレ・トロイ
アンタルヤ
ブルサ
プリエネ・ミレト・ディディム

ホテル、送迎

トルコのホテル
送迎
レンタカー

お問い合わせ

旅の予算見積もり
お問い合わせ
メール

SAKURA TOUR
TOURISM &TRAVEL AGENCY

Istiklal Cad. No : 64
URGUP / KAPPADOKIA 50400
TURKEY

MANAGER : APPO

Tel +90 384 341 7545
Fax +90 384 341 7546
GSM +90 532 496 8392



Copyright (C) SAKURA TOURISM & TRAVEL Ltd. All right reserved
このサイトで使用されている文章、ロゴ、写真、ソース等の無断引用・転載は固くお断りいたします。